一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【ハワイ旅行】『オアフ島にあるウォータースライダーはここだけ!』Wet'n'Wild Hawaiiに行こう!

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

ハワイに行くにあたって、気になっていたことがあって。

 

プール付きのホテルはたくさんあるけど、ウォータースライダーはあるのか?ということ。

 

1ヶ所だけあったんですよ〜! 

 

それが今回紹介する、『Wet'n'Wild Hawaii』です。

f:id:bluestar0811:20181012140618j:plain

Wet'n'Wild Hawaiiについて

どこにあるの?

残念ながら、ふらっと行ける距離にはありません。ワイキキから少し離れています。

バスで1.5時間、車で40分。

ウェットアンドワイルドハワイは営業時間が短いので、営業開始と同時に入園するのがベストです。

それを考えると、ツアーかレンタカーがおすすめですね。

私たちはベルトラのツアーで行きました〜!

 

私たちが行った日は10:30〜15:30の営業時間で、最初は「短いな」と思っていました。

でも実際は、お気に入りの乗り物に10回近く乗り、他の乗り物も2~3回乗って、波に揺られたりご飯を食べたりしても十分ゆったり過ごせたので、焦らなくても大丈夫です。

ただ、シャワーをしっかり浴びたい人は、時間に少しゆとりを持って行動するといいかもしれません。

知っておくべきこと

  • 未開封の水1本しか持ち込めない。食べ物持ち込み禁止。

→入り口で荷物チェックがあり、本当に全て撤収されます。 

  • タオルは持参する。

→忘れても、売店には売っていますが、持参した方がお得です。 

  • 荷物は極力最小限に。

→ロッカーに入れる荷物の大きさによってかかる費用が変わります。

出し入れは何度でも行えるので、とても満足。

  • サンダルを履いたまま乗り物に乗ることができる。

→これがとても楽。

プール内は裸足でもいいかなと思いますが、地面を歩くときはさすがに履きたい…。

いちいちサンダルを取りに行く必要がないのが最高。

私たちはずっとTEVAを履きっぱなしでした。

 

アトラクションの種類は大きく3つあります。

①リラックス系

②エキサイト系

③絶叫系

 

…②と③の違いとは?(笑)

 

乗ってみた感覚としては、ジェットコースター等で感じられる、”ふわぁぁっ”が絶叫系(③)の方が強いです。

 

私たちのお気に入りは、②ワイメア ワールで、乗っては登って乗っては登って…を繰り返していたら、ついにスタッフの方に覚えてもらえて、挨拶やポーズをしてくださるようになりました。(笑)

 

②③に関しては、基本的に階段と坂道をはるかに登った先にあります。

つまり…

 

登らないと、アトラクションを楽しめない。(笑)

 

もう若くはないのか、段々登るのが億劫になりましたが、

しっかりお金をお支払いしているので、乗らないともったいない!と思ってひたすら乗っていました。(笑)

これがウェットアンドワイルドハワイの全貌! 


Wet'n'Wild Hawaii

すっごい楽しそう(笑)

本当に楽しかったんですよ!!

混雑具合もちょうどよくて、乗り物も多くて、大人でも目一杯遊べました〜!

 

ちなみに…

ゴープロの撮影に関しては、他の方の迷惑にならないよう細心の注意を払いました。

(基本的に一脚スタイルでアームは短めにしていました。)

また、HPで確認したところ、撮影禁止という文言はありませんでした。

スタッフの方も撮影に入ってきてくださるくらいだったので(笑)、撮影自体は大丈夫かなとは思いますが、撮影される方は自己責任でお願いします。

ウェットアンドワイルドハワイで出会った女の子

他の方の体験記等を見ていると、日本人ばっかりがいる日とそうでない日があるようで、私たちは後者でした。

とある外国の女の子と話していると年齢の話になりました。

 

「いくつなの?」と尋ねたところ…

 

「6才!…あ、間違えた、7才!いっつも間違えちゃうの(笑顔)」

 

 

…かわいすぎ。(悶える魚さん(夫)と私)

 

 

皆さんも、ハワイに行く際にはぜひ行ってみてください〜!

 

こんな記事も書いています。

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com