一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【B SIDE総選挙 1位】UNISON SQUARE GARDEN 『スノウリバース』歌詞の解釈

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

さて、私の大好きなバンド、UNISON SQUARE GARDENが15周年を迎えて、1/31までB SIDE総選挙を開催していました!歴代のカップリング曲の投票を行い、1位になった曲はMVを作ってもらえるというもの。1位は…

 

スノウリバース!!!

  

ユニゾンの曲って、「君らで解釈は楽しんで」というスタイルなので、ユニゾンからメッセージを直接的に伝えることはあまりなく。MVがそのヒントになるのですが、カップリング曲だとそういう機会もないわけで。

 

発売から10年の時を経て、スノウリバースの世界観に触れることができるなんて、楽しみすぎて仕方ない!

歌い方も変わってくるでしょうし…

 

楽しみ、楽しみ!!!

 

MV作成を待つ身として、スノウリバースを見つめ直すことにしました〜。

 

私のユニゾンへの熱い想いはこちらから。

www.wakuwaku-blust.com

スノウリバースを解剖する

f:id:bluestar0811:20190202144511j:plain

どんな曲?

視聴はこちらから。

スノウリバース

スノウリバース

  • UNISON SQUARE GARDEN
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「 ユニゾンの曲の中で、ノスタルジーな曲は?」と聞かれたら、この曲を挙げると思います。切ない歌詞を歌っているのに、メロディは割とポップ。

そしてスノウリバースの世界観にグッと惹き込まれませんか?情景が浮かんでくる人も多いでしょう。

 

それがどうMV化されるのか…

楽しみですね!(楽しみ!しか言えない(笑))

 

スノウリバースは、マスターボリュームに収録されています。

どんな歌詞?

 

スノウリバース

作詞・作曲 田淵智也

午前零時の回帰線 君に手は届かなかった

最後の言葉もあんまり記憶に残ってません

 

火傷したような感じで足跡だけが残った

ほんの小さな約束を信じて笑いました

 

欲を言えば切ないよ 言葉になんてできないし

きっと風が運ぶよなんて信じられない

 

白い雪が空に舞い上がり君を迎える 

その景色を僕はいつからか思い描いてた

悲しいってさ その声ももうどこか遠くに

いつか、輝いた夢の中で

 

行き交う人のない交差点 クラクションは鳴らなかった

また人が消えて行くのも僕には気付けません

 

落ちることのない砂時計 音さえ静かに止まった

足跡も消えてしまうだろう全てが白に帰ります

 

悲しくないわけないよ 平気だって言えたのに

何気ない問いかけにさえも答えられない

 

遠く揺れる影法師にあの日を重ねた

その景色はどこか優しく滲んで消えた

帰れないってさ その声ももうどこか遠くに

いつか、輝いた夢の中で

 

欲を言えば切ないよ 言葉になんてできないし

きっと風が運ぶよなんて信じられない

 

白い雪が空に舞い上がり君を迎える

その景色を僕はいつからか思い描いてた

悲しいってさ その声ももうどこか遠くに

いつか、輝いた夢の中で

 

風の合図も影の吐息ももう聞こえないけど

あの日君が僕にくれた小さな約束 

忘れないってさ その声がどこか強く響いて

いつか、輝いた時の中へ

 

切れ間が光を呼び白が銀となる

僕の足跡はやっと動き出した

 私なりの解釈

恋人なのか、友人なのか、家族なのか。

誰か大切な人と交わした、最後の約束。

 

でも、それはまるで降りしきる雪の中にできた足跡のように儚い。(雪が降れば降るほど、足跡は消えていく)

 

私の思いを風が雪に乗せて、あなたのもとに届けてくれたらいいのに。

 

あなたを迎える景色は何度も想像出来るのに、

 

「悲しい」

 その声もだんだんと遠くに聞こえる。

 

いつか、夢で逢えたら。

そう思うことで、自分を保っていた。

 

やがて、時も音も止まった(= 進めなくなった)。

そして、(雪で)次第に足跡は消えてしまう。

 

あなたと過ごした日々が思い出されるけれど、その景色も涙で滲んで消えた。

帰れないというあなたの声もどんどん遠くに。

 

でも、思い出したんだ、あなたと交わした最後の約束を。

 

「忘れない」

 

その言葉が、私に進む勇気をくれた。

どうせずっと好き

...エモすぎません?

 

フレーズ一つ一つが、繊細で綺麗で。

比喩がわかりやすい比喩じゃないからこそ、受け取る側にいろんな幅を持たせてくれる。

 

例えば、

回帰線という言葉から、夏至と冬至を連想させて、2人が絶対に会うことが出来ないということを表している。

 

とか、

 

影法師(=光のせいで映る人影)という言葉から、人影に重ねてあの日を思い馳せるという意味をもたせるとか。

 

しびれません??

 

これが、ちょうど15年前の曲ですよ!

その時点でこんな素敵な曲を作ってしまうあたりがもう化け物。(褒め言葉)

 

まとめると、「別れと、新たな始まり」を歌っている曲なのかなと感じました。

 

スノウシリーズはスノウリバース、スノウアンサー、スノウループで成り立っていて、

歌詞がリンクしているところを踏まえて解釈してみるとおもしろいかと。

 

こちらの曲も私の好きな曲。

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com