一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【小豆島旅行】『オリーブの島のシンボルツリー』樹齢千年のオリーヴ大樹

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

f:id:bluestar0811:20190127181020j:plain

こちらが、小豆島旅行に行くならぜひ行って欲しいな〜!と個人的に推している『オリーブ大樹』です。

見たらわかる。行けばわかる。

自然の壮大さ。(うっすい)

語彙力不足で申し訳ないですが、本当に何かパワーを感じるんですよ〜、生命力というのかな。

さて、今回はその『オリーヴ大樹』のお話。

樹齢千年のオリーヴ大樹

そもそも、オリーブのルーツは?

小豆島といえばオリーブ!と答える人は多いと思いますが、ルーツはどこなのでしょうか。

 

かつてはフランスから薬用のために流通したと言われていますが、当時は決して小豆島に限ったものではありませんでした。

しかし、輸入品が多く流通するようになり、国産オリーブの需要は低下。最終的に、小豆島を含む一部の地域の特産品となりました。

 

3月15日は「オリーブの日」

 

1950年3月15日に、昭和天皇が小豆島でオリーブの種蒔きをされたことから記念日となりました。

 

そして、2011年の記念日にスペインのアンダルシアから樹齢千年を超えるオリーブの樹の幹が、小豆島のオリーブの森EASTに運ばれたのです。

当時はほとんど葉のなかった幹ですが、今では圧倒的な存在感を放つ立派な大樹となり、訪れた人に力を与えています。

アクセス

エンジェルロードまで車で8分なので、連続的に行くといいかも。

オリーヴ大樹にたどり着くまでの道は、オリーブの木に囲まれていてドライブするのが楽しかったですよ〜。

駐車場ありと記載されているHPを見て行きましたが、よくわからず(笑)、工事中の方に伺って、工事中の方が車を停めているところに停めさせてもらいました。そこが駐車場なのかな?大樹から少し離れたところでした。

記念の一枚を!

せっかく訪れたのなら、記念の一枚を撮りたいですよね!

実は、ここからエンジェルロードを見渡すこともできるので、その点を利用した撮影をするのもいいと思います!

私たちはどうしたのかと言うと… 

f:id:bluestar0811:20190127185421j:plain

f:id:bluestar0811:20190127185431j:plain

f:id:bluestar0811:20190127180410j:plain

謎の和解スタイル。(笑)

この3枚だけでなんとなくストーリー性が出ないかな?と思って撮影してみました。

いいショット!と思っていただけた方、ぜひお試しあれ。

 

お気付きの方もいるかな〜と思いますが、洋服の色をオリーブ色で合わせています。

f:id:bluestar0811:20190127180454j:plain

photo by sakana

f:id:bluestar0811:20190127180419j:plain

photo by sakana

テーマ:『オリーブランドの妖精』

 

まぁ、実際のところそんなファンシーなキャラではないんですけど。(笑)それっぽいテーマを二人で後付けしました。(笑)

ちなみに、ポートレートはここじゃなくても、オリーブ公園でもできますよ〜。

f:id:bluestar0811:20190127192409j:plain

 あとはオリーヴ大樹の周りを走りまわってみました。(謎)

魚さん(夫)、暑さでぐったり。

 

ぜひ行ってみてください!きっと何かしら元気がもらえますよ〜!!

 

ランキングに参加しています。

ぽちっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
 

 

小豆島関連の記事はこちら。

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com