一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

わくわく撮影クルーの旅の話。〜白鬚神社編〜

琵琶湖の中に浮かぶ鳥居

白鬚神社とは

”琵琶湖の中に浮かぶ鳥居”として知られる、『白鬚神社』をご存知でしょうか。朝日とともに、あるいは夕焼けとともになど、いろんな表情で撮影された写真達を見ては、行きたいなぁと思っていました。「知らないよ!」という方はこちらからどうぞ。

www.travel.co.jp

先日、メタセコイア並木に紅葉を観に行った時に、「行けたらいいな〜」と思っていながら、かなりの遠征だったため時間的に無理なのでは、と思いメタセコイア並木に直接向かうことにしたんです。でも…助手席に座りながら、ぼーっと景色を眺めていると、明らかに異彩を放つ鳥居を発見。それがなんと白鬚神社で(運命!)、きっと何かの縁と信じて寄りました。(行きたかっただけ)

  

メタセコイア並木の記事はこちら。 

www.wakuwaku-blust.com

 白鬚神社の場所

奇跡的に寄ることができた!みたいに書いていますが、実際、メタセコイア並木に行くなら白鬚神社は十分寄ることができる位置関係にあります。琵琶湖テラスも行けますが、混雑状況等も考慮した上でスケジュールを立てると良いかと思います。

4秒でわかる、白鬚神社の魅力

まずはこちらをご覧あれ。きっと、一瞬で行きたくなりますよ〜

たどり着いたのは朝の6時過ぎ。朝日とのコントラストをできれば拝みたかったのですが、重なっている雲達が幻想的な雰囲気を演出してくれました。 そしてまた、タイムラプスを介して観ると別のわくわく感があります。本当に綺麗。

 

       【スポンサーリンク】  

混雑具合

f:id:bluestar0811:20181222220656j:plain

人があまり写っていないショットを選んでいるので説明しづらいのですが、溢れるほどの人はいないものの、それなりに混むと考えた方が無難かと。たどり着いた時は暗がりで、人もそんなに多くはなかったですが、明るくなるにつれて人の数は増えていきました。お互いにそこそこ撮影して、1時間弱滞在しました。

ちなみに、道路沿いに階段があってそこの辺りから撮影される方が多いです。車にはお気をつけください。

f:id:bluestar0811:20181222220814j:plain

ゴープロ持参の人は周りに誰もいなくて、恥ずかしくなってそそくさと退散する図。(笑)

訪れたのは11月の下旬。そして早朝。

 

すごく寒い。

 

カメラをかまえる時も、三脚をセットする時も震えがとまりませんでした。(笑)防寒対策はしっかりしていたつもりだったんですけどね〜…

 

季節にあった服装とその対策を入念にして行くことをお勧めします。

f:id:bluestar0811:20181222220715j:plain

早く車に乗りたくて仕方ない魚さん。帰るときのスピードが速すぎて、後ろで笑っている私。(笑)

 

切り取り方によって、表情は無限大

f:id:bluestar0811:20181222221649j:plain

photo by sakana

全てに言えることですが、見る人によって受け取り方が違うのと同じように、撮影する人によってもまた、見え方は変わってきます。白鬚神社は、とにかくその存在感とオーラが凄まじいので、見る人、撮る人によって、より多種多様な表情を楽しむことができるスポットだと思います。滋賀県に行く際にはぜひ白鬚神社にも足を運んでみてください。

 

こんな記事も書いています。
www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com