一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

だらだら過ごすお正月から抜け出すには。

あけましておめでとうございます〜!

f:id:bluestar0811:20190104192407j:plain

今までで一番気に入っている年賀状。(満足)

2019年になりましたねぇ。こう言うと毎年ある、新年の感じですが「平成31年」と言うと何だか名残惜しい感じ。平成とさよならの年ですね…

 

今年の年末年始は私の実家に魚さんと共に一泊だけ帰省しました。その後も特に何をするでもなくだらだらと過ごし…このままでは本当に何もせず終わってしまう!と思い、すっかり出遅れていますが、御節もどきを作ることにしました。

f:id:bluestar0811:20190104193056j:plain

お品書き

*牛すじ煮込み

*筑前煮

*稲荷寿司〜2種盛り〜

*有頭海老

*お吸い物

f:id:bluestar0811:20190104193049j:plain

魚さん:「ぶただぁ!可愛い〜!!」

f:id:bluestar0811:20190104195810j:plain

私:「いのししだよ…(しょんぼり)」

 

牛すじの煮込みは圧力鍋で作りました。

私の愛用している圧力鍋はティファールのものです。加圧モードがお肉向け、お野菜向けで選べるので、加圧時間の調整が他の圧力鍋に比べてしやすいです。タイマー機能もついているから使いやすい!いろんな圧力鍋がありますが、かなりおすすめ。

詳細はこちらから。

圧力鍋は1個しか持っていないので、筑前煮は鍋で作りました。蓮根も本当はお花みたいに切りたかったのですが、難しくて断念。切り方が悪いの?(笑)穴と穴が開通してしまったり、穴が崩壊したり。(なぜ…(悲)) 

  

いのしし年にちなんで、稲荷寿司をいのししに見立ててみました〜。ちょっとポップにしすぎた感じもしますが、楽しかったので良し。(笑)揚げが内側とくっついてしまって、袋状になるように剥がすのが一番大変だったかも…(苦笑)油抜きの前に箸でくるくる押し付けると良いらしいです。

もう一つの難関は海苔のパーツカット。キャラ弁的なものを作れる人たちを心底尊敬しました、難しい…でも、こういう作業が好きなのでね、ちまちまやってみました。いのしし稲荷だけだと色味が茶色っぽくなりすぎるので、海鮮盛り盛りの華やか稲荷寿司も作りました〜。(お刺身最強)

横にかまぼこを添えて、さらに色味を鮮やかに。出遅れて作ったので、当然買い出しも出遅れ。そのおかげで、2種類のかまぼこセットを半額でゲットできました。(今年最初の嬉しかったこと(笑))かまぼこの飾り切りは初挑戦。

cookpad.com

この記事を参考にしました。簡単なんですけど、奥の深い飾り切り。もっと綺麗にできるといいなぁ。

 

cookpad.com

有頭海老はこちらを参考にしました。 殻付きのまま背わたをとる方法にただただ感動。(涙)水引はご祝儀でいただいたものをアレンジしました。
 
だらだら過ごした後、こんなにたくさん作って、途中諦めたい気持ちもありましたが、美味しいものを一緒に食べたい!喜んで欲しいなぁ…!という思いでなんとか乗り越えられました。そしてそのおかげもあってか、翌日の今日、仕事始めはすんなり働くことができました。(パチパチ)
 
だらだら過ごすお正月から抜け出すには、少しの根性と強さが必要かも。(笑)
 
今年も充実した一年にしていきたい。