一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

寒さとおでんと、休肝日と。

入籍あたりから日々があっという間に過ぎ去って、気がつけばもう12月も中旬になりました。そりゃ、寒い…。そして何より…

 

今年、あと何日???(数えるのも恐ろしい)

 

2019年の幕開けか〜早いなぁ。

 

寒い日にはおでんが食べたくなりますね。先日、本気でおでんを作ってみました。『本気で』というのは具材ひとつひとつに私なりに『本気で』向き合いました。とはいえ、料亭や本格的なお店に比べたらまだまだなので、優しい目で見て下さい。(笑)

おでん 〜簡単な覚え書き〜

f:id:bluestar0811:20181219211854j:plain

具材

▪️さつま揚げ

▪️ごぼう天

▪️ちくわ

▪️たこ串

▪️牛すじ串

▪️ロールキャベツ

▪️餅巾着

▪️たまご

▪️こんにゃく

▪️大根

▪️じゃがいも

▪️白滝

出汁

▪️茅乃舎のあごだし3パック分

▪️お水1Lちょっと(雑)

▪️みりん、醤油を好みの味になるまで足します。(雑)

 

つくりかた

◎さつま揚げ、ごぼう天、ちくわ、こんにゃく、白滝はささっと下茹でします。ゆでたまごを作ります。

◎たこ串は色移り予防のため一回下茹でしてからいい感じのサイズに切って(雑)、串に刺します。

◎大根は3〜4cmの厚さで切って、皮は少し厚めに剥きます。そして真ん中両面に十字に切り込みを入れます。じゃがいもは皮を剥きます。作った出汁に大根とじゃがいもを入れてティファールの圧力鍋の「野菜モード」で7分加圧して、その後は適度に放置します。その後、大根とじゃがいもを取り出します。

◎牛すじ串は下茹でをしてアクや余分な脂をとります。そして一口サイズにカットして串に刺します。先程の出汁に入れて、「お肉モード」で12分加圧します。その後適度に放置して取り出します。

◎ロールキャベツの中身は、もやしと豚ひき肉です。オイスターソース、醤油、みりん、酒、生姜、塩で適度に味付けします。そして、水溶き片栗粉で少しハードめにとろみをつけます。キャベツの葉を外すのに苦戦しました〜。こちらを参考にしたら大成功。茹でて残ったキャベツはコールスローにしました。干瓢は水に入れて戻して、少しの間茹でます。あとは春巻きを巻く要領で巻いて、干瓢で結んで完成です。(大変だった)

cookpad.com

あとは食べる30分〜1時間前から煮込み始めて、食べる直前に餅巾着とロールキャベツを入れたら、ようやく食べられます。

 

【遠藤酒造場】
ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」
18分で16,000本完売!楽天総合ランキング1位獲得の「造り酒屋の甘酒」はこちらから
 

 

その状態がこちら。

f:id:bluestar0811:20181219211908j:plain

魚さん・私:「うまあぁぁぁ」

 

お酒が進みます。ふたりで日本酒、ビールをぐびぐび。(さよなら、可愛げ)

 

私が作るメニューに問題があるのかもしれませんが、割とお酒が進むメニューが多いんですよね。何気なく休肝日について調べてみたところ、諸説あるのだと思いますが、「休肝日を2日連続で設けられない人は依存症の始まり」的な文言を見て、ぞっ。(脅え)振り返ると、2日連続でお酒を飲まない時がここ最近ほとんどない。これは良くないと思い、一昨日・昨日は断酒してみました。結果…

 

これが案外良い。(笑)

 

寝落ちすることもよくあったのですがそれもなく。寝るまでの時間は有意義。朝起きてからのすっきり感というか、身体の軽さ。(拍手)1日飲まない、というだけでは多分身体に負担だったんだろうなぁと反省しました。もちろん、私が好んでチューハイだとしても度数9%のものしか飲まなかったから、というのもあるのだと思いますが、350mlのもの1缶飲んだだけでも結構翌日に負荷がかかっていたように思います。お酒は大好きですし、子どもを考え始めるまでは定期的に飲むスタンスは変わりませんが、同じく定期的に休肝日を設けて、楽しくお酒と付き合っていきたいなぁと思います。

 

 

こんな記事も書いています。

 

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com