一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

わくわく撮影クルーの旅の話。〜鳥取県 倉吉市編〜

 

 

 

 

 

東日本側に引っ越すまでに西日本側を満喫すべく、先日鳥取県の倉吉市に遊びに行ってきました。

 

 

梨記念館には行ったことがあったので今回は割愛しましたが、梨の試食ができたり、被り物があったりで楽しいです。梨の歴史も学べますし、結構難易度の高い梨クイズもありますよ〜。(こっちがメインか。(笑))

 

その周辺も観光地となっていて、今回はそちらに行ってみました。

 

人が結構いたのでささっと撮影。『白壁土蔵群』と言って、国重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。雰囲気があって、穏やかな感じ。

いつもせかせかしている私たちもゆったりのんびり過ごせました。

f:id:bluestar0811:20181018092936j:plain

 

今回ここに来た一番の目的は『赤瓦五号館 久楽』のお団子と珈琲。

お団子は自分で焼くことができます。

鳥取県らしく、梨の餡が付いていました。

さっぱりしていて美味しい。

 

f:id:bluestar0811:20181018103108j:plain

 

石臼で珈琲を挽く体験をさせていただけます。

 

f:id:bluestar0811:20181018103138j:plain

 

上に珈琲豆をのせて、穴のところに適量の豆を入れて、石臼を回すだけ。

 

f:id:bluestar0811:20181018103146j:plain

めっちゃ楽しそう。(笑)

 

魚さん:「俺もしてみる!!」

 

魚さん:「ほうほう、こうやって回せば良いのね…」

f:id:bluestar0811:20181018103202j:plain

 

私:「ずれてる、ずれてる(笑)」 

 

f:id:bluestar0811:20181018103153j:plain

※難しい訳ではなく、おそらく単に魚さんの力加減?によるものです。

 

魚さんがすると、土台の方の臼ごと手前にずれてきてしまう。なぜ。

 

そんなこんなで出来上がった珈琲がこちら。

 

f:id:bluestar0811:20181018103112j:plain

 

甘さ調整に小豆を入れるのです。

 

わくわくしたい癖に変わり種は苦手な私。

いつものように疑ってかかったのですが…

 

すっごく合う。(驚)

 

珈琲と一緒に小豆を口に入れると絶妙に美味しい。

 

友達の好きなアイドルグループのサインが置いてあって二度びっくり。

 

他にも、ワインのお店があったり、醤油さんがあったりでのんびり散策。

 

歩いていると、かなり癖の強いお店を発見。

 

 

『あまりにも良いタピオカ飲料販売』

 

名前がすごい。(笑)

 

f:id:bluestar0811:20181018104555j:plain

 

味はもちろん美味しくて、タピオカももちもちで美味。

 

店の名前からしてすごいのですが、

店内もすごくユニークで終始キョロキョロしてしまう。(笑)

 

f:id:bluestar0811:20181018104547j:plain

 

タオルやTシャツ、ボールペンなどのグッズも販売していました。

 

倉吉市の観光はとにかくのんびりできて、日々の慌ただしさから解放されたのですごく楽しめました。

 

 

今回は行きませんでしたが、『静水庵』の餅しゃぶもおすすめです。

いろんな色のしゃぶしゃぶ用のお餅があります。

 

ぜひ鳥取県の倉吉市に足を運んでみてください。

 

ハワイ旅行の記事も書いています。

よかったら見てください。

 

blu.hateblo.jp

blu.hateblo.jp

blu.hateblo.jp

 

 

 

ブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村