一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【プレ花嫁さん必読!】<写真付きで詳しく説明>顔合わせのしおりの作り方。「顔合わせ食事会の準備について悩んでいませんか?」

 

顔合わせのしおりの作り方

そもそも、顔合わせとは?という方はこちらからご覧ください。

www.wakuwaku-blust.com

 

顔合わせのしおりを準備する人はそう多くはありませんが、最近、作る人が増えているようです。

f:id:bluestar0811:20181220230934j:plain

以前の記事にも書いたように、最初は単なるミーハー心で作成しました。(笑)ですが、結果的には本当に作ってよかったと心底思っています。それは、進行する上でのスムーズさと、実際にご両親から感想をいただいて感じました。ですので、今後顔合わせを控えていらっしゃる方にぜひおすすめしたいなぁと思います。

 

いろんなまとめサイトや、インスタ等でもざっくりとした作り方は載っていますが、具体的に詳しく書かれているわけではないので、苦労される方も多いのではないでしょうか。そんなに時間をかけられない!という方のために、キットを販売している企業もあります。

www.farbeco.jp

 

『難しいかもしれないけど、手作りしてみたい』

 

そう思う人もいらっしゃいますよね。私の記事の中ではできる限り詳しく記載していこうかなと思います。

 

何からやれば良いのか…。手順は大体こんな感じです。 

やるべきこと

①書きたいことを決める

②レイアウト、デザインを決める(製本方法含む)

③必要なものを準備する

④編集する

⑤(試し印刷をして、)誤字脱字チェックをする

⑥製本する

 書きたいことを決める

「書きたいこと」と言われても…という方。絶対載せるべきコンテンツと、私が載せたコンテンツを載せておきます。

載せるべき内容

  • 表紙
  • はじめの挨拶
  • 当日のプログラム
  • 今後の予定
  • 結びの挨拶

私が載せた内容

  • コース料理の内容
  • 自分たちのプロフィール
  • 両家のプロフィール
  • 幼少期の写真
  • 馴れ初め
  • 裏表紙

調べていくと気がつくと思いますが、内容もデザインも人によります。

そもそも、しおりというのは手順表みたいなものであって(遠足のしおり等を思い出してみてください)、そこがちゃんと成立していればとりあえずは良いのです。

あとは自分たちの状況(結婚式を控えているのかどうか、そもそも今後のことについてどう考えているのか等)によって自ずと記載内容の幅は広がってくると思います。とはいえ、多ければ良いというものでもないので、要点は絞って書きましょう。

レイアウト、デザインを決める

ある意味これが一番大変かも。

でも、ここがしっかりできていれば必ず完成します。設計図が一番大切です。踏ん張りどころです、頑張りましょう。

最初からパソコンに向かうのではなく、紙に書きながら大体のデザインをしていくと早いかと思います。まず先に私の作成したレイアウトを載せます。(境界線がわかりづらいので囲っています。)

 

①裏表紙・表紙

f:id:bluestar0811:20181221130339j:plain

②はじめの挨拶・結びの挨拶

f:id:bluestar0811:20181221135001j:plain

③今後の予定・挿絵的なページ

f:id:bluestar0811:20181221135337j:plain

④本日の予定/コース料理の内容・幼少期の写真

f:id:bluestar0811:20181221135405j:plain

⑤家族紹介・ふたりのプロフィール

f:id:bluestar0811:20181221135641j:plain

⑥馴れ初め

f:id:bluestar0811:20181221135456j:plain

①②、③④、⑤⑥を両面印刷して、2つ折りにして綴じゴムをつければ製本できます。これだけを見ると違和感のある配置ですが、この配置にすることで製本した時にしっくりくるレイアウトになります。

デザインに使えるフリー素材

jp.freepik.com

アカウント登録をすれば無料でもおしゃれなデザインを入手することができます。私はphotoshopを介して切り抜き作業をしていましたが、Macユーザーであればある程度の切り取りはできますし、編集の力でもなんとかなるので、ぜひおすすめです。

 画像のトリミング方法

www.mac-beginner.com

みんなの顔作り

「◯◯メーカー」はいろんなものがあって、選ぶのに迷いますが、みんなが知っていて、かつどことなく似ている仕上がりになったので、私はビオレママ顔メーカーを使用しました。しおり作りだけでなく、普通に面白いのでぜひ使ってみてください。

www.kao.co.jp

必要なものを準備する

    • パソコン(Macがおすすめ)
    • 印刷紙
    • 綴じゴム
    • やる気(遠足のしおりみたい。(笑))

パソコン

結婚式関連でムービーを作る機会も多いと思いますし、便利さでいうとMacの方が良いかなぁと思います。

印刷紙

印刷紙はマット紙を使用しました。

開封するまで触り心地等はわからなかったので、半分運なところもありましたが、写真の綺麗さは普通の印刷紙よりは良いかな?といった具合。私はこちらの30枚入りを購入しました。

コクヨ コピー用紙 A4 紙厚0.15mm 100枚 インクジェットプリンタ用紙 両面印刷用 KJ-M26A4-100

綴じゴム

「綴じゴム」っていう名前らしいです。金色や銀色が可愛いかなと思います。10本入りで200〜300円程度で書いました。

やる気

正直、本当にやる気がないとやってられません。(笑)

文字の入力はそうでもないのですが、こだわりだすと、素材の抽出や色味の調整等細々したところに結構な時間がかかります。

『完成させるんだ!』という強い気持ちを持って取り掛かることをおすすめします。

私がこれに費やした時間は、少しずつやっていたので1週間くらいで、計算すると30~40時間くらいかなぁと思います。ささっと決めることができる方は私の半分くらいの時間で済むと思います。

 

                【スポンサーリンク】

 

編集する

編集はパワーポイントで行いました。(そこはphotoshopじゃないんだ、感。(笑))でも、

パワーポイントを侮ることなかれ〜。

今までもそうだったのかも知れませんが、そんなに便利だと思っていなかった私は、汎用性の高さにただただびっくり。

特に、この『修正』機能が便利です。f:id:bluestar0811:20181221144403p:plain

例えば、「馴れ初め」のところで載せていたこの輪っかの素材。こんな雑〜な切り取り方をしていても、修正機能を使えば、

f:id:bluestar0811:20181221143652j:plain

背景が白いところに限りますが、こんな風に良い色味を選べばうまいこと誤魔化せます。

f:id:bluestar0811:20181221144359p:plain

結構パワーポイントについて学べます。どんなお仕事でも多かれ少なかれパワーポイントは使いますし、この機会にたくさん触れてみるのも良いかも。

誤字脱字チェックをする

以前の記事でも書きましたが、本当に大切。

特に、家族紹介もしようと思っている方は、最低限みんなの名前の漢字は入念にチェックをしてください。

 

(試し印刷をして、)とありますが、誤字脱字のチェックと合わせて、試し印刷は早い段階で一度はしておくと良いです。

画面上では問題なくても、印刷してみると、「あれ?」というパターンは大いにあり得ます。

実際、私も一箇所思うように印刷されない箇所があって、結構な時間を取られました。(悲)

パワーポイントの画面上ではこうやって綺麗に写っているのですが(実際はこれよりさらにもう少し薄くしていた)、そのパステルっぽい色味が反映されず、原色で印刷され、さらにテキストボックスや載せた画像に変な色がつくという事態が発生。

f:id:bluestar0811:20181221145618j:plain

調べていくうちに原因がわかりました。

f:id:bluestar0811:20181221150003p:plain

『透明度』が影響しているようです。印刷するときは、透明度を必ず0%にしましょう。透明度がある方が可愛い気もしますが、原色で極力コントロールすれば思い通りの色合いになりますのでぜひお試しを。

製本する

お疲れ様でした!!!(拍手)

この作業中はもう浮かれモードですね。(笑)完成したしおりに存分に浸ってください。(笑)自分で作っておきながら、製本したものを見ると、また新しい気持ちで見ることができて楽しいですよ〜

f:id:bluestar0811:20181221150603j:plain


ご覧いただきありがとうございました。

 

こんな記事も書いています。

 

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com