一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【ハワイ旅行】サプライズプロポーズまでの流れ<ウェディングフォト体験記>

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

突然ですが、プロポーズって何でしょうか?

 

リングケースをパカっとするシーンや、夜景の見えるレストラン、二人でお家で過ごしながら何気なく…などイメージは多種多様。

 

また、多くの女性の理想として多いのは、

プロポーズは男性からしてほしい。

ということ。

 

私もその一人でした。

 

人生でそう多くあることのない、「プロポーズ」。

 

プロポーズに限ったことではないですが、特別なことだからといって、必ずしも特別なんじゃない。

 

「やってよかった」

 

「やってもらえてよかった」

 

そう思えて初めて、その出来事は特別なものになるんです。

サプライズプロポーズまでのプロセス

f:id:bluestar0811:20181112185542j:plain

プロポーズとは

では、プロポーズって何でしょう。

 

私が思うには、カップル・夫婦のイベントの中で

男性が最も輝ける瞬間であるということ。

※あくまでも個人の意見です。

※女性からのプロポーズを否定するつもりはないですので悪しからず。

 

正直、結婚式の準備と言っても、

新婦側が

「このドレスどうかな?」

「この式場どうかな?」

「こういうテイストにしたいよね!」

と主体的になりがちで、その類について主張をする男性はどちらかというと少数派。

 

子育てに関しても、イクメンという言葉がありますが、やっぱり未だに主体は女性になりがち。

 

つまり、客観的に考えて、

男性側が全てをプロデュースできる瞬間ってなかなかないんですよ。

※◯年記念日や誕生日は除く

 

人生で1回しかない瞬間を

真摯に向き合ってくれる人がいい。

 

だって、これから人生を共にするんだから。

1回は本気で、全力で向き合ってくれてもいいじゃない。

もし、その瞬間に全力を出せないのなら、いつできるのか。

 

普段のデートや何気ない優しさ。

そういうのは日々蓄積されていくものでもちろん大切。

でも、そこに毎回全力で向き合っていたらお互い体力もメンタルも維持できません。

 

大事な場面でビシッときめてほしいものです。

 

「心が動くような、そして、その瞬間を振り返ることができるプロポーズをしてほしい。

そう、魚さん(夫)に伝えました。

 

【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

 

プロポーズをされる日を設定

これは賛否両論あるでしょう。

 

でも、私は設定してよかったなと思います。

 

プロポーズされる瞬間、あなたはどんな顔で、どんな姿でいたいですか?

 

大切な人の前ですよ。

無理に着飾る必要はないですが、やっぱりお互いがお互いを素敵と思いたくないですか?それに…

 

ふたりにとって、大切な思い出にしたい。

 

プロポーズって女性のためのものだけじゃないと思うんですよ。

「結婚記念日」これって二人のためのものですよね?

プロポーズだって同じです。

だって、恋人として最後のイベントですよ。

 

ただ厄介なのは、決して全部は知りたくない乙女心。(笑)

もちろん、内容は隠した方がいいかと。

もしサプライズが苦手な場合は、一緒に話し合うのが無難です。

 

ウェディングフォトでサプライズプロポーズをしたい

  • 準備期間:約3〜4ヶ月
  • 彼女側に、上手い理由をつけてビスチェを準備してもらう
  • 彼女側に、上手い理由をつけて髪型を決めてもらう

魚さんの話を聞いていて、主に大事そうなのはこの3つでした。

 

私の場合は、魚さんから「ムームードレス(ハワイの民族衣装)での撮影だよ」と聞いていました。ちなみに、このアイディアは依頼していた会社のスタッフさんからのものだったそう。

 

旅行としてハワイに行くことを決めていた私たち。 

旅程を決めるのは基本的に私なので、「プロポーズをされる日」を1日設けて、その1日を魚さんにあげるという形をとりました。

トラブル発生

旅やサプライズにはトラブルがつきもの。

私たちの場合は…

台風21号の襲来でした。

 

予定出発時刻がちょうど関空に台風が上陸している予想だったのです。

 

遅れてでも飛ぶかも、と思いましたが格安航空なので、対応力の評判は…

しかもあまりに遅れて飛ぶとそもそもプロポーズをされる日には間に合わない。

 

動かしている金額も割とかかっていることは知っていましたし、

 

そういう理屈抜きに、直感的に

 

今、動かなかったら絶対に後悔する。

 

私は上司に相談し、魚さんもバイト先に相談し、共に折り合いをつけてもらって、飛行機の便もホテルも追加で取り直し、数日早めて出発することにしました。

もし、行動していなかったらどうなっていたか。

そんな行動をしてしまったら、「もし、そうしなかったらどうなっていたんだろう?」と思って調べてしまいますよね。(笑)

 

飛行機は数時間遅れ、とかのレベルではなく一日遅れて飛んだため、プロポーズの予定時間には間に合っていませんでした。

職場の方には迷惑をかけてしまいましたが、今回ばかりはこの行動を正当化したいなと思いました。

 

次回の記事で、サプライズプロポーズのことをまとめて記載します!

 

こんな記事も書いています。

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com