一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

ばばあを食べた話。

 

 

 

どーした?

 

 

となりそうなタイトルですみません。

 

 

ばばあと言っても、お魚の名前です。

我らが山陰の誇るお魚。

 

 

加熱するとふわっふわで美味しいのです。

臭みもない。

 

そんなばばあを今回は鍋でいただきましたー!

 

ばばあ鍋を作ってみた

ばばあとは

別名:タナカゲンゲ

山陰ではばばあ、もしくはばばちゃんと呼ばれています。

その見た目がこちら。

f:id:bluestar0811:20181107125859j:plain

 出典   https://zukan.com/fish/leaf59062

 

 

可愛くない(笑)

 

 

最初に食べた人、勇気あるなぁ。

といつ見ても思う。

 

 

今回の食材f:id:bluestar0811:20181107125252j:plain

具材

□ 三つ葉

□ もやし

□ 椎茸

□ 白ネギ

□ 白菜

□ 人参(飾り用)

□ 豆腐

□ ばばあの切り身

□ 葛切り

スープ 800ml(2人前)

□ 茅乃舎 あごだし  2パック

□ 醤油 50ml程度

□ みりん 50ml程度

□ 料理酒 30ml程度

※基本的に目分量なので、分量はお好みで変えてください。

 

私はこの、”男前豆腐”が好きです。

2人分のお味噌汁に一丁丸々だと結構多いので、

6個小分けタイプのこちらが使いやすい。

f:id:bluestar0811:20181107125229j:plain

 

ここ数年、私は茅乃舎ユーザーです。

かつおぶしやいりこ、昆布を買って出汁をとる。

美味しいです。もちろん。

でも、現実問題、毎日はできないんですよね。

でもでも、美味しい出汁でご飯を食べたい。

それを叶えてくれるのが、茅乃舎のだしパックなのです。(拍手)

何か、書けば書くほど回し者感が出てしまうんですが、

私は本当に茅乃舎が大好きです。(念押し)

地方ユーザーになるので、都会に行った時にまとめて自己輸入して帰ります。

店舗に行くと、出汁の試食ができます。

本当に毎日のご飯がより楽しくなるのでぜひお試しを…

 

購入はこちらから。

 

 

完全に話が逸れましたが(笑)、

 

今回の主役 

ばばあ

 

ぷるっぷるで美味しそう〜

コラーゲンもたっぷりなんだとか。

こんなにたくさん入って1000円で購入しました。

f:id:bluestar0811:20181107125239j:plain

 熱湯にくぐらせて氷水でしめて下処理は完了。

f:id:bluestar0811:20181107125224j:plain

ばばあ鍋

一応それっぽく盛り付け。

見えない底の方に、飾り切りで余った人参の切り屑や、

椎茸の柄の部分が入っています。(食材は大切にする主義)

良い出汁を出しておくれ。

f:id:bluestar0811:20181107125219j:plain

そうして出来上がったものがこちら。

たまたま安かったので三つ葉を久々に買って見たのですが

香りが最高。(拍手)

買ってよかった。

f:id:bluestar0811:20181107125155j:plain

 

タラの切り身より遥かにふわっふわ、ぷるっぷる。

臭みもクセもないので、本当に美味。

スープとばばあから出た出汁が織りなす旨味のハーモニー。

自宅で食べる鍋とは思えぬ美味しさ。(感動)

 

美味しすぎて、お酒も進む進む。

 

安定して魚さんはお米を食べすぎてしまったので、〆は持ち越し…

翌日、たまご雑炊にしていただきました。

 

ばばあの唐揚げも美味しいので、今度は唐揚げをトライしてみようかな。

  

 

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

旅行記も書いています。

今週のお題「リラックス」

www.wakuwaku-blust.com

 

 

www.wakuwaku-blust.com

 

 

www.wakuwaku-blust.com

 

 

www.wakuwaku-blust.com