一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

わくわく撮影クルーの旅の話。〜ダイヤモンドヘッド編③〜

 

 

 

前回に引き続き、

「ダイヤモンドヘッド編」ではこの辺りで行ったところを紹介します。 

 

f:id:bluestar0811:20180930143230j:plain

 

 前回の記事はこちら。

blu.hateblo.jp

 

blu.hateblo.jp

 

オノシーフードというポキ丼のお店と、レナーズというマラサダのお店が近いのでその周辺を目指して歩いていると、「世界最大のアンティークアロハシャツ」のお店がありました。

f:id:bluestar0811:20181001141126j:plain

店内には本当にびっしりアロハシャツが置いてあって、柄や形も多種多様。

生地もすごく良くて。

こういうのなら日本に帰ってからも着ることができそう、

と思って値段を見るとなかなかのお値段。

ここに訪れたのが旅の序盤なら買っていたのですが、散財しすぎた後だったので、泣く泣く断念。

 

この通りは、ワイキキと少し違ってローカルな感じ。

ワイキキだと、お店がどーん!と並んでいますが、この辺りはスーパーやガソリンスタンド、個人経営のお店がちょこちょこある感じで生活感があってすごく好きでした。

 

本来の目的地のオノシーフードに到着。

2種類の味が楽しめるコンボで、醤油アヒと醤油タコしました。

タコもマグロも柔らかくて美味しい。少しピリ辛なのがまた良い。

ご飯ものだけど、コーラが合う。次が控えていたので、2人で1つをシェア。

f:id:bluestar0811:20181001141157j:plain

 

ハワイでは魚突きが盛んなようで、専門のお店を発見してテンション高めな魚さん。

 

f:id:bluestar0811:20181001141204j:plain

 

この日のテンションのピークはここだったような。(笑)

店員さんとお話できて嬉しそうでした。

そこでの購入品がこちら。

 

f:id:bluestar0811:20181001143228j:plain

魚突きTシャツ。(横の細長いのは魚さんお手製の銛ケース。)

楽しそうで何よりでした。

 

続いては本命のマラサダ。

f:id:bluestar0811:20181001142044j:plain

よく箱に入っているのを見かけますが、そんなに食べられないのでシンプルなものと、チョコクリーム入りのものを一つずつ。お店の外にベンチがあるので、空いて入ればこんな風に座って食べられます。

 

揚げたてなのであっつあつ。

 

あの、本当に。本当に本当に。

 

f:id:bluestar0811:20181001143902j:plain

 

ふわっふわ!!!(語彙力)

 

今まで食べたどんなドーナツよりもふわふわ。

何だろうこれ、ふわふわ。

アメリカンな甘さかと思ったら、そんなことない。

すごくちょうどいい甘さ。甘々ではありません。

美味しすぎて夢中で食べていたら、顔中シュガーまみれになりましたが、

そんなことは気にならないほど美味しい。

ぜひぜひ食べてみてください〜。

 

 

これにてダイヤモンドヘッド編は終了です。

ご覧いただきありがとうございました。