一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【ハワイ旅行】『登山初心者でも大丈夫!大人気スポット』ダイヤモンドヘッド

 どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

ハワイに行く人の大半が訪れるであろう、ダイヤモンドヘッド。

もちろん、私も行きました〜!

f:id:bluestar0811:20190212191335j:plain

この奥に見える山が「ダイヤモンドヘッド」です。

 

こんなに大きな山に登るって大変じゃない?

 

大丈夫です!

 

イメージは、登るというより、ひたすら坂道を歩く感じ。

その先にある景色は息を飲むほどの絶景です。

 

どこにあるの?

ロイヤルハワイアンセンターから、バスで30分くらいなので、バスでも十分行けます!

トロリーやレンタカーで行く人も多いですね。

私たちは全てバス移動で、Sunny Daysでモーニングを食べた後、ダイヤモンドヘッドに向かいました。

所用時間は?

写真をのんびり撮りながら、2回小休憩をして1時間半くらいでした。

ランニングしている人もいれば、本当に小さい子どもやご高齢の方、犬と一緒に散歩している方など、様々な方がいらっしゃいました。

 

 

ダイヤモンドヘッドといえばまずこれ。

この茶色の看板はてっきりダイヤモンドヘッドだけのものかと思っていましたが、

ダイヤモンドヘッドに限定するものではないよう…(詳しくは知らない(笑))

 

ここから登っていくと、序盤からすでに綺麗な景色。

 

 

 

とはいえ、まだまだ登らないと肝心の海が見えませんね。

 

緩やかな坂をてくてくと登っていくと、トンネルが見えてきます。

 

普段トンネルの中を歩くということがないので、とっても新鮮。

ただ、歩道ゾーンがびっくりするほど狭い。(笑)

 

普通の車が横切るのでも怖いのに、トロリーがすれ違ったときは本当にヒヤヒヤしました。そもそも、大型車両となると車道から車道へ少しはみ出ているレベルで、見ている分にもヒヤヒヤ。 

 

トンネルを抜けると、目の前にダイヤモンドヘッドが。

 

 

魚さん「え、あれに登るの…(愕然)」

※魚さんは基本的に旅程を知らぬまま旅に行きます。

 

 

覚悟を決めた魚さん。

入山料をお支払いして、いよいよ登山。

 

 

 この辺り(すごい序盤)から魚さんの体調に異変が。

 

魚さん「多分バナナ(のせい)だ…」

 

腹痛を訴える魚さん。とりあえず、一旦休憩。

 

少し休んだら回復したみたいで、何より。

ちなみに、トイレは料金所の先辺りにあるのが最初で最後なので、

トイレが気になる方はそちらを利用されてから出発されることをお勧めします。

 

歩道は割とちゃんとした歩道なので、安心です。

こんな感じの平坦な歩道が続きます。

 

 

私たちはTEVAというサンダルで登りました。

 

 

 

「ゆっくりのんびり過ごす日もあるといいなぁ」とぼやく魚さんを連れて、どんどん登って行きます。

 

 

途中にも絶景が見えるところを発見。

 

さらに登っていくと、またしても階段が。

この辺りからちょいちょい階段エリアが出てきます。


階段を上がりきった先はトンネル。

 

写真は出口付近のものなので、うっすら明かりがありますが、中は本当に真っ暗です。

 

トンネルを抜けると突き当たりに出ます。

ここで、右か左のどちらを進むかを決める必要があります。

 

右ルート(↓)は日差しを避けて行けますが、それと引き換えに歩きながら景色を楽しむことが難しいです。 

f:id:bluestar0811:20181001014210j:plain

 

一方左ルート(↓)は日差しをがっつり浴びますが、景色を楽しみながら登ることができます。

 

 

 私たちは行きは左ルート、帰りは右ルートを利用しました。

 

 

追い打ちの階段を上ると、絶景の手前。

さらにもう一つの階段を登り切ると…

 

 

すっごい綺麗!!!(語彙力)

 

ハワイで過ごした期間も、帰りの飛行機で上空から見ても思いましたが、

ハワイの空と海が本当に綺麗。綺麗。綺麗。(何度も言う)

 

空も海もひとつに繋がっているのに何でなんだろうなぁ。

 

ただ、こんな絶景。

もちろん独占できるはずもなく、現実はこちら。

 

大混雑。(笑)

 

さっきの写真は隅の方(あまり人気のないところ)で撮影しました。

頂上ももちろん綺麗ですが、実はこの手前もとっても綺麗。

 

 

どうですか?(笑)

何なの、このとても鮮やかなブルー。風も気持ちいい。

 

 

しばらくぼーっとしていられる…と思いつつも、ここも人気スポットなので長居せず退散。

PatagoniaのCM来ないかな。(来ない)

可愛い、可愛いよパタロハ。

 

帰りは右ルートの方から…と思い、歩いているとまたしても絶景。

日本人の方が多いので、お互いに撮り合う。(感謝)

 

この撮影スポットの真ん前が小さな入り口(出口)で、そこを抜けると

螺旋階段が待っています。

 

階段の先は、前に写真を載せた階段ゾーンです。

 

魚さん・私「ここに繋がっているのかー!」

 

 

 

綺麗だったねぇと話ながら下山。

登っているときは、「平坦だし、これくらいなら大丈夫だな〜」と思っていましたが、

下山中に気づく、足の震え。(笑)

基本平坦か階段なので本当の登山に比べると楽なのですが、

何だかんだ結構な距離を歩いて登っているので足の疲労は相当なもののよう …

 

 

行きの時点で既に気になっていたパイナップルジュース。

みんなこぞって持っているのです、そりゃ飲みたくなる。

1つ$11だったかな。

待っていると、パイナップルの切れ端をくれました。

パイナップルをくり抜いて、スムージーを作って入れているので、

切れ端は余るのだと思います。

毎回配っているのかはわかりませんが…

 

これがまた美味しいんだなー。

見た目だけじゃなくて、スムージー美味しい。

すごいボリュームなのでは、と思われるかもしれませんが、2人で飲むなら全然問題ないです。

 

私たちはこのあとワイケレのアウトレットに向かいましたが(鬼ハード。現地の人に話したら笑われました。(笑))、この周辺は他にも見どころがたくさんあります。

トロリーやタクシー、レンタカーで行く方が多いと思いますが、私たちはバス。

街中だとそんなに待たなくてもバスが来ますが、こんな風に少し離れると結構次の便がくるまで時間がかかります。私たちは40分くらい待ちました。

久々の休息!と思って、ぼーっと過ごしました。(笑)

 

登るのは少し大変、と言っても休息を何度か挟んで、撮影もちょこちょこして1時間半ちょっとだったので時間はそんなにかからないかなと思います。

本当に綺麗なのでぜひ足を運んでみてください。