一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

同じ1日を過ごすなら、”わくわく”する1日にしたい。その道のプロでなくても、ほんの少しこだわるだけで,きっと毎日は特別な1日になる。

【スポンサーリンク】

【プレ花嫁さん必読 まとめ】『入籍したらどんな手続きが必要?』入籍後の流れについて解説!

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

f:id:bluestar0811:20190109183757j:plain

先日の”おそろいんかん”の記事でもお話しましたが、入籍して、「わーい夫婦だ〜」と浮かれているばかりではいけません。(笑)

手続きがたくさん待っています。とはいえ、下調べさえしておけば、ちょっと面倒ではありますが、ちゃんとできますので安心してください。

その手のまとめサイトは色々あります。ただ、全部大事なのはわかりますが、情報量が多かったり、かたーい言葉で書かれたりしていて、それをまず知りたかった!というところが抜けていることもあって。

実際に私は色々見落としたり、知らなかったりで損というか無駄なことをしたこともありました。(笑)

そんな私が、「こういう情報もあったらいいのに」と思う部分はもちろん、これから手続きをするよ〜という方が、ざっくり流れを知ることができるように記載してみます。

優先順位(★★★〜★)。★が多いほど優先順位は高いです。

※個人の意見ですが、概ね一般的な意見に合致するかと…

そして、手続きすべき順番も書いておくので、よかったら参考にしてください。

入籍したらどんな手続きが必要?

最初にやるべきこと

まず最初にやっておくべきことは、『戸籍謄(抄)本』『住民票』の準備。これがないと本当に何も進みません。(笑)それぞれ何枚必要になるのか、事前に割り出しておきましょう。

 

入籍に伴い、本籍地が変わる人は多いと思います。本籍地が今自分の住んでいる場所から遠い場合、誰かに代わりに取りに行ってもらうか、コンビニ発行のできる地域であればコンビニで発行するか、必要書類を準備して郵送で送ってもらうか…どちらにしてもまぁまぁ面倒な上に、手段によっては手元に届くまで日数がかかります。

「あとでやろう」と考えている人も、まずはこの2点は必要枚数準備しておくことが大切です。

戸籍謄(抄)本のもらい方等はこちらのサイトを参考にしてみてください。

chester-souzoku.com

そして、自分が変更すべき点はどこなのかを把握しておきましょう。名字だけが変わるのか、住所も変わるのか。それによって必要書類が変わるものもあります。

手続きしていく順番

 ①運転免許証(★★★)

普段持ち歩いている身分を証明できるものの中で絶対的権力がありますから(笑)、とりあえず最初に運転免許証は手続きしておくと他の手続きもスムーズに行えます。 警察署や運転免許センター等で手続きをすることができます。改姓をしない場合も、本籍地が変わる場合はその変更手続きをする必要があります。詳細はこちらを参考にしてください。

Q.結婚したら免許証はどう手続きするの?|名前(氏名)・名義・本籍・住所の変更

②銀行の口座(★★★)

給与の振込やクレジットカード等の引き落としが関わってくるので、手続きが遅れると後々面倒です。

また、変更手続きを行う日は給与の振り込みの日を踏まえて決めましょう。タイミングが悪いと、振り込みができず給与をもらうのが遅くなってしまう可能性があります。

手続きをするには利用している銀行の窓口に行く必要があります。何個かリンクを載せておきますので参考にどうぞ。

住所・氏名・印章の変更-ゆうちょ銀行

所・氏名など届出内容を変更したい | みずほ銀行

氏名・お届け印・お取引店の変更 : 三井住友銀行

氏名変更 | 三菱UFJ銀行

③クレジットカード(★★)

電話やインターネットでは手続きできません。

書類を送ってもらって、返送する形になります。書類の書き方はインターネットにも書いてありますが、中には書き方がややこしい企業もありますので、悩んだときは、つながりづらいかもしれないけど根気強く、コールセンターに電話しましょう。

結局、悩むより電話した方が早く解決します。ちなみに、「口座はちゃんと手続きが済んでいるけど、クレジットカードはまだ手続き中」という場合でもクレジットカードは使えますのでご安心を。こちらも何個かリンクを載せておきますね。

qa.smbc-card.com

support.rakuten-card.jp

④健康保険証(★★)

働いている場合は自分の勤め先、扶養に入る場合は相手の勤め先で手続きをすることになります。新しい保険証が届くまでに1週間前後かかります。

手続きをしている期間に病院に行くことになったらどうすればいい?

対応のされ方は病院によるようです。

診てもらった日は全額自己負担でお支払いして、その後保険証が出来上がり次第再度病院に持っていって返金してもらうのがまず一つ。

もう一つは、各個人に与えられている保険証の番号は変更されないので、手続き前の保険証のコピー等で番号を伝えることができれば、当日は通常の負担割合で受診することができる病院もあります。もちろん、保険証が出来上がり次第持っていく必要があります。

ちなみに、私は両方のパターンを経験しました。(笑)よりによって何でこのタイミングで2ヶ所も病院へ?と心底思いました。(不運)どちらにしても、新しい保険証が出来上がり次第、持っていけば問題ないです。

⑤国家資格などの免許証(★★)

私の場合、看護師の免許と保健師の免許の手続きが必要でした。

改姓後30日以内に手続きをしないと、追加書類が必要になります。

看護師、保健師それぞれに戸籍謄(抄)本は必要で、収入印紙等もそれぞれに必要。なんだかんだお金がかかります。そして、手続きが終わるまでに大体3ヶ月くらいかかります。その間に引っ越してしまう!という方は代理の方に受け取ってもらうこともできます。その方の印鑑で受け取り可能だそうです。

参考までに、看護師等の手続きの流れが書いてあるサイトを載せておきます。他の国家資格でも手続きは必要ですので、調べてみてくださいね。

www.kango-roo.com

⑥パスポート(★★)

私は入籍後に海外旅行に行く予定はなかったので優先順位は低かったのですが、入籍して、その後新婚旅行で海外へ!という方は優先度はもう少し上がるかと思います。

私の住んでいる地域では、現住所と手続きをする場所の地域が同じ場合住民票は不要だったのですが、見落としていて準備してしまいました。数百円ですが、何だかすごく損をしたような気分。

手続きにはパスポート用の写真も必要になりますので、準備して行きましょう。

パスポートの受け取りにかかる日数は大体1週間くらいです。

real-kekkon.com

⑦民間の保険(★★)

生命保険等、自分の意思で加入している保険も、変更事項がある場合はもちろん手続きが必要です。いつ何があるかわかりませんからね、早めに手続きをしておいた方が良いと思います。こちらも資料を取り寄せて、姓や口座等の変更手続きを行います。

⑧マイナンバー(★)

大事なものであることは重々承知していますが、大事に保管してはいるものの大して出番もなく。今回の改姓を機に、電子証明書の記録を依頼することにしました。こうすることで、住民票等の入手がしやすくなるんだろうなぁ、と。(まだ試してはいない)

⑨携帯会社(★)

各契約携帯会社に足を運ぶか、資料を取り寄せるか…になります。

とりあえず用意すべきものは?

調べるのめんどくさ!と思いますよね。(笑)

ざっくりお伝えすると

  • 戸籍謄(抄)本
  • 住民票
  • 改姓後の印鑑
  • 届け印
  • 都道府県収入証紙、収入印紙

 赤字のものはおそらくみなさんに該当するもので、青字のものに関してはパスポートや国家資格の手続きがない方は不要です。

 

改姓したけど印鑑がない!私もそうでした。(笑)その件についてはこちらの記事に書いています。

www.wakuwaku-blust.com

まとめてみるとあっけないというか、「これだけじゃん〜」と思ってしまいますが、実際ひとつひとつ調べていくと大変です。

この記事が、自分にはどの手続きが必要で、何を準備すればいいんだろうと悩んでいる方の一助を担えればいいなぁと思います。

 

こんな記事も書いています。

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com

www.wakuwaku-blust.com